スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXのリスク

FXのリスクはいくつかあります。
リスクを知っておくことで、危機を回避することができます。
リスクのない所に、リターンなし。


私たちはそもそも、
リスクを恐れるほど、
何かを持っていない。


FXのリスクとは?

為替変動による損失リスク
FXは、経済指標の発表や世の中の動きにより為替変動がおきて、
自分の買った値段よりも通貨の値段が下がった場合に損失が発生します。
FXは世界経済と密接に関連しています。



FX会社破綻のリスク
FX会社が破綻して取引が突然中止になることもあります。
法改正により、昔と違い信用できるFX業者が多いと言えますが、
FX会社の破綻がなくなったわけではありません。



FX会社によってサービス内容が違うリスク
FXは自分が選択したFX会社のサービス内容でしか取引ができません。
他のFX会社のサービスの方がよかったり使い勝手が良かったりすることもあります。
複数のFX会社に口座開設をするというのも手ですね。



価格変動リスク
為替レートは24時間変動しています、
FXではレートの変動によっては、
期待していた利益を得られない事があります。



金利変動リスク
FXでは低金利通貨を売って高金利通貨を買う事で、
スワップポイント(2通貨間の金利差に当たるもの)を受け取ることが出来ます。
逆に高金利通貨を売って低金利通貨を買うと、スワップポイントを支払う事になります。



レバレッジ効果のリスク
保証金にレバレッジを掛ける事で自己資金の何倍もの金額分の取引ができます。
少ない資金でも大きく利益が出る可能性があるのと同時に、
大きな損失を被るリスクも負う事になります。



電子取引のリスク
FXでは、注文入力を間違えて注文されてなかった、
意図していない注文が約定してしまった等の間違いが起きないように、
注文の際は注文の入力には注意しましょう。



流動性リスク
FXでは取引量が少ない通貨の場合、
たとえ成行注文をしていても、
なかなか約定しない事があります。



ストップ注文やロスカットのリスク
FXにおいて、特に損切り場面で威力を発揮するストップ注文ですが、
急落局面などでは指定したレートより不利な値段で約定されてしまう事があります。
強制的に決済される事があります。



信用リスク
FXの取引というのは、
「投資家が注文を出すと取扱会社がその注文に合致した取引相手を探して売買を成立させる」というものです。
FX会社によっては取扱会社の裁量が大きくなります








あの堀江貴文氏が初めて推薦した、


初心者向けのFX入門書!!


たった1,000円で可能性が広がる!!




失敗するかもしれない?


損するかもしれない?


私たちはそんな恐れを抱くほど何かを持ってはいない!


夢をかなえろ!!




↓↓↓




ホリエモン大絶賛! ショートカットFX

テーマ : めざせ経済的自由! - ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。